taiyopの雑多なブログ

普段学んだ事や取り組んだ趣味・嗜好をつらつらと書き綴っています。

スノーデンという映画を見たらPRISMという監視プログラムが気になったので調べてみた。

久々にtsutayaでDVD借りて映画を見たのですが、どうせなら学びのあるものにしようと、2013年にアメリカ極秘の監視プログラムPRISM(プリズム)の存在を暴露したNSA元局員エドワード・スノーデンドキュメンタリー映画を見てみました。

www.snowden-movie.jp

フィクション加工されたドキュメンタリー映画ですが、実話をもとにしたものでしたので非常にのめり込ませる内容でした。

www.huffingtonpost.jp

今回は内容のメモがてら、記事にしてみましたので、精査がかなり甘いです。随時誤った記述が判明すれば修正していきます。

NSAの監視プログラムPRISM

たぶんここを見るのが一番手っ取り早いかなと。

www.tabroid.jp

世界に衝撃を与えた米国の盗聴プログラム「プリズム」 - THE ZERO/ONE

PRISMの前にはエシュロンによってアナログ通信も傍受されていたとか

matome.naver.jp

ちなみにエシュロンは丸い球体のものだとか? ↓↓

blog.goo.ne.jp

日本の情報もXKEYSCOREによって傍受されていると言われている

こちらは動画もあるのでぜひみてください。2017年放送の動画があります。

ameblo.jp

なぜ香港で暴露することにしたのか

スノーデンは、米国と友好関係にもなく、敵対関係にもない地域はどこにあるのだろうかと考えた。それで選んだのが香港だった。

とのこと。

the01.jp

SpiderOak

SpiderOak - エドワード・スノーデンも推奨する フリーオンラインストレージ | free.

PGPとGPG

Pretty Good Privacy(プリティ・グッド・プライバシー)という暗号化ソフトウェア。

GPGはそのGPL版です。

ちなみにgitには署名できる機能があります。github上でgpg signatureが確認できます。

f:id:taiyop:20180224011619p:plain

PGPを利用してファイルを暗号化する - Qiita

http://www.itmedia.co.jp/business/articles/1802/22/news017.html

スノーデンはTEDにも出演している

スノーデンは暴露後、ロシアに亡命しましたが、その亡命先でTEDにリモートで登壇しました。

www.ted.com

そして後日、NSAの15代副長官が同じくTEDに登場してその話題について話します。

www.ted.com

内容もおもしろいですが、一色触発の状況で穏便にその場がおさまるようまとめる司会もすごいなと思いました。

オマケ

今話題の暗号通貨の根本の理論を提唱した「サトシ・ナカモト」の正体もPRISMによって判明しているとのことです。これは気になりますなー。

www.itmedia.co.jp

ちなみに、ノンフィクションのスノーデンドキュメンタリーが見たい方は『シチズンフォー スノーデンの暴露』がオススメです。

www.cinematoday.jp

また、興味本位で音声通話の盗聴についても調べてみました。

意外と大変? インターネット電話の盗聴対策

音声通話には「回線交換型」と「インターネット回線を使うIP電話型」の2種類あるんですねー。

style.nikkei.com

ビジネス価値という視点でモブプログラミングについて調べてみました。

どうも、フリーランスのtaiyopです。

最近ちょっと時間ができて考えごとする余裕ができています。

最近、モブプログラミングが巷で流行っていますが、生産性を高めてくれるものかもしれないと気になったので調べてみました。

モブプログラミングとは?

モブプログラミングとコードレビュー – Nilquebe Insider – Medium

モブプログラミングの「モブ」とは群衆のことです。モブプログラミングでは、ペア(2人)ではなく、モブ(チーム全体)でプログラミングを行います。モブの人数は3人から5人くらいを想定しています。ペアプログラミングと同様に、コードを書くだけでなく、すべてをモブで行います。

とのこと。

生産性ではなく、有効性(品質)を高める

not productive but effective

↑ ここ大事!

生産性は数人で一つのことを行うので下がる可能性は十分にある。

ただ、「生産性下がらない?」と言われたら、「生産性じゃなくて有効性だよ」と言いましょう。

難題の方が相性が良い

生産性は下がるが、有効性(品質)は上がる。

つまり、重要度の高い部分や難易度の高い部分では品質が非常に大事なので相性が良い。

モブプログラミングとコードレビュー – Nilquebe Insider – Medium

そのボトルネックを解消する手段のひとつとしてモブプログラミングが提示されている

とのこと。↑ ここ大事!

「いつやるの?今でしょっ!(古い)」と社内で言いましょう。

UI、UX実装と相性が良い

ユーザー視点になるためには、多様な意見が必要である。一人のプログラマ視点で実装するよりも、協力して実装する方が良い実装ができる。 (利用ライブラリの選定しかり)

2~3人がベター?

これは要件次第。ただ、4人以上は生産性の低下度が高まるので、それだけ有効性が重要な部分である必要がある。

ちなみに2人だとペアプロ

その他

コーチングのときにも価値がある。複数人に同時に教えられる。

モブプログラミングを試してみました|MMJエンジニア Tech Blog

また、下記もみておくと歴史的な流れも見れるのでオススメ。

モブプログラミング - Woody Zuill氏とのインタビュー

参考にした記事まとめ

モブプログラミングとコードレビュー – Nilquebe Insider – Medium

モブプログラミングを試してみました|MMJエンジニア Tech Blog

社内でモブプログラミングやってみた #mobprogramming - クリエーションライン株式会社

一ヶ月間チームでモブプロを続けてみて起きた変化 - Qiita

モブプログラミング - Woody Zuill氏とのインタビュー

読んでくれてありがとう

ボトルネック文殊の知恵がほしい事態が発生したらやってみます。

productiveじゃなくeffectiveっていうの大事ってわかってよかった。

追記

「effectiveよりもefficientでは?」という意見もあり、詳細を聞いて確認していったところ、

ペアプロもモブプロもEffectiveですが、モブプロのほうがEfficientなのかな、という印象です。

とのこと。ごもっともです。ご指摘ありがとうございます。

ペアプロとモブプロの比較ではefficient、一人開発とペアプロ/モブプロの比較ならばeffectiveといったところでしょうか。 今回の記事はeffectiveを伝えたかったので、effectiveのままにしました。

ローカルPCの容量を圧迫しないオンラインストレージ Gsuite Drive File Streamが便利すぎる

どうも。フリーランスのtaiyopです。

今回は私がコスパ最高だと思うオンラインストレージのご紹介です。

対象の読者

下記に当てはまる方です。

  • Dropbox利用者
  • Google Drive利用者
  • iCloud利用者
  • Synology Disk Station利用者
  • LinkStation利用者
  • その他ネットワークHDD(NAS) 利用者、オンラインストレージ利用者

上記利用者の中でローカルPCのディスク容量を圧迫してしまうためファイル同期を取れない・取りづらいと思っている方には特におすすめです。

Gsuite Drive File Streamとは

Google ドライブ”のファイルをクラウドからストリーミングする機能。必要に応じて(オンデマンド)ファイルを取得することができるため、不要なファイルまでローカルと同期しておく必要がなくなり、ローカルドライブの空き容量とネットワーク帯域を節約することができる。

forest.watch.impress.co.jp

何が良いのか

1. ファイルやフォルダごとにローカル同期をするかどうか選べる

すべてのファイルをローカルPCと同期してしまうと、ローカルPCの容量が圧迫してしまい、同期が完了できないという心配が発生します。

最近は1TBほどのクラウドサーバーも増えてきており、ノートPCに1TBも同期する容量がない場合も多いと思います。

そういうときに同期するファイルやフォルダを選べるというのは価値があります。

f:id:taiyop:20180210113708j:plain

2. 全てのファイルをローカル同期していなくても、フォルダ構成、ファイル名は同期される

ブラウザでアクセスしてファイルを探すと、どうしてもフォルダ間の移動に読み込み時間がかかってしまうため、一覧で目次的にファイルを確認しづらいというのがあります。

しかし、Drive File Streamではファイル名とフォルダ名はローカルPCと必ず同期してくれるため、容量を圧迫することなくファイル一覧を確認することが出来ます。

f:id:taiyop:20180210113921j:plain

安く有料利用するために(プロモーションコードの紹介)

1. まだお試し登録もしていない方

下記リンクからお申込みすると、初年度が20%OFFで利用できます。

goo.gl

2. 既にお試し登録してしまったけど、プロモーションコードが欲しい方へ

こちらも下記コードを契約時に入力すると、初年度が20%OFFで利用できます。

ただし、プロモーションコードを提供するためには一人ひとり発行する必要があるため、コメントやFacebook Messageなどでご連絡ください。

G suite Basicプラン用はまだ一人分空いていましたので共有しておきます。 J736PFGNNVQ9C6V

補足

一応調べたところだと、Dropboxにもスマートシンクという同等の機能がありました。 容量はDropBox Business Planだと2TB/人なのでDrive File Streamの2倍の容量があります。

スマート シンク – Dropbox

しかし、こちらを利用するためには最小3ユーザー以上のため、個人での利用はしづらそうでした。 個人向けにはDropBox Professionalというのもありましたが、こちらは¥2,400/月で1TB上限利用なので、Gsuite Drive File Streamの2倍の費用がかかります。

法人の場合でも、Goolge SpreadSheetやGoole Documentなどを利用している方が多いと思うので、それらのファイルもローカル同期できることを考えると Drive File Streamのほうが良いんじゃないでしょうか。

また、Drive File Streamを利用するとGmailの容量も共有で上限が増えるので、Gmailの容量制限が気になりだしている方にもよりおすすめできます。

資本主義から価値主義への転換は変化を起こすが格差をなくすわけではない

最近特に目にすることになった「お金2.0」という本に関する書評を見て、思うことがあったので書きました。
( 本の内容ではなく、書評等を読んで思ったことですので、本とはまた違う議題になっていると思います。)

お金2.0とは

SPIKEという決済プラットフォームを運営するメタップス創業者が書いた、資本主義から価値主義への転換について書いた本のタイトルです。 社会の変革に興味があったり変革を起こすための行動をしている経営者やビジネスマンほど高く評価している気がします。

http://amzn.to/2m4RX6a

内容については下記記事とamazonの書評など見れば概要がざっくり把握できるかと思います。 (でも今回の記事に感心を持った方は一次情報(2.0の本)も目を通しておいた方が良いです)

www.houdoukyoku.jp

ytsn.hatenablog.com

資本主義から価値主義

  • 資本主義

実用性や有益性といった価値を重視したもの

  • 価値主義

「共感」や「感謝」といった、内面的な「価値」も評価されるようになり、全体としては実用性といった価値がこれまでより低くなる。(価値の分散)

ベーシックインカムによって最低限の生活が保証されれば、より価値主義への転換は加速すると思います。

価値主義は先進国から変化して後進国は遅れる

例外もあると思います。ただ、後進国ではどうしても食料問題や生活水準の問題が残っているので、実用性や有益性が最優先されると思います。

逆に先進国では生きる上での心配が消えてくるので、内面的な価値が評価されやすくなります。

格差は消えない

人や企業同士の力の格差は変わりますが、力や豊かさなどの格差そのものは消えません。 格差の減少や下克上などは起こるでしょうが、格差自体がなくなるわけではないです。

ベーシックインカムも格差をなくしてくれるわけではないです。 むしろ豊かさという意味では格差を広げてしまう部分もあります。

ただし、格差を気にする人は減るんじゃないでしょうか。

オマケ

あと10年で新しい経済がやってくる。正社員である必要がない未来とは? | ホウドウキョク

洪:
実力がない人は生きにくい世界になる?

佐藤:
その場合には既存の枠組みの中にいた方がいいと思います。

このようなインタビュー内容がありますが、年齢的に逃げ切りができない場合は枠組みの外に出るための行動をしたほうが良いと私は思います

(「既存の枠組みにいたらジリ貧ですよ」という意味合いが込められていると思います。)

最後に

ざっと現在思ったことを書いてみました。お金2.0の本も目にすることが多くなって気になってきたので現在注文中です。 また、お金2.0をTwitterでの検索やgoogle検索すると多くの人の意見が見れますので、興味がある人はぜひ調べてみてください。m( )m

Postalk.ioを使えばチームメンバーの改善案の声を簡単に集められると思った。

どもです。フリーランスのtaiyopです。

初見とβ版利用でかなり感動したサービスに出会ったので記事を書いてみました。 Webサービスを開発する人たちにはかなり利便性を上げるサービスなのではないかと思ってます。

Postalkというサービス

postalk.io

Web上で貼り付けた画像に対してみんなでコメントをしていけるサービスです。

f:id:taiyop:20170924192844p:plain

このサービスが生まれた背景はコチラ。

medium.com

何がすごいのか

一つの画像に対してみんなでコメントしていける仕組み

これにつきます。ただ、この簡易性が非常に価値があります。

どういう人がよろこぶのか

ExcelやSkitchでコメントを書いて意見を上げていた人。

おそらく、手間がかなり減るんじゃないかと思ってます。

どういう使い方が良さそうか

現在のWebページに対してスクショを貼った板をつくっておいて、気づいたことがあれば各自自由にコメントしてもらえるというようにしておくと、 プロジェクトメンバーの意見のボトムアップがかなり上がるんじゃないかと思ってます。

意外と小さい部分はコメントをするのが手間で、「細部だし影響度小さいだろうから意見はまたでいいだろう」という気持ちが発生します。 しかし、このサービスを使えば、「気になったので該当するpostalk版でコメントしておこう」という事ができます。

たとえば、pull req時にUI, UXについてレビューしたい時があるとおもいますが、pull reqと同時にpostalk版があれば、現場に近い人からも フィードバックを簡単にもらえると思います。(URLリンククリックしてコメント書くだけですもんね。)

最後に

実は私はその他にも思いついたことがあって、改善案を上げてます。細かい所の改善案もあげてますが、ビジネス利用で欲しい機能があったのでそのリクエストもしてます。 導入されれば、更に価値があがりそうですね。

本リリースに期待!!会社にも遊びに行ってみたいですねこれは。

P.S. zendeskいれるとこんなに意見を上げやすいんですね。Webサービスに意見を投稿したのは初めてです。

『いちえふ』という福島原子力発電所の除染作業のマンガが面白い!

フリーランスプログラマのtaiyopです。

久々に勉強になるマンガが見つかりました。

amzn.to

島原子力発電所の作業員としての労働記なのですが、作者が実際にハローワークに応募して、福島原子力発電所で作業員として活動した内容を書いたものです。

採用されるまでの経緯から実際の仕事場の作業内容の様子までしっかり書かれていました。

にもかかわらず、漫画としての読みやすさは保たれているので、多少の説明を飛ばしても内容が理解できるようになっていました。

何がおもしろいのか

  • 作業員として採用されるまでの経緯

ハローワークへの応募から採用されるまでの流れですが、採用が決まってもなかなか実際の活動が始まらない。(現地待機)

待遇の中抜きの実態。転職や自分で住所を契約するのも大変。

など、まぁ中抜きというのは職業によらずかと思いますが、作業員として活動するまでの経緯が勉強になります。

  • 除染作業での安全対策

除染作業をする上で、作業員が汚染から身を守るために何をする必要があるのか、指標は何か、ということがわかります。

なんとなく除染作業が危険、というイメージもありますが、では具体的な数値としてどれだけ危険なのか、 その危険に対してどういう対策をしているかというのは知らない人が多いと思います。

この本を読むことでかなり具体的な理解ができます。

私などはものづくりにも関心があるので、防燃シートや溶接、防護服の着方などの話も勉強になりました。

最後に

私が自分の目で福島を見て確かめたわけではないので実態はわかりませんが、内容を読む限りは可能な限りノンフィクションで 書かれている漫画だなという印象です。

私は本でも実録マンガでも話半分くらいでそうじゃないケースも踏まえて読むのですが、そのような意識でも知っておいて損はないなというお話でした。

現在まだ3巻までしか出ていないので、すぐに読める量でもあります。

ご興味持った方いたらぜひ一度読んで見てください。

良い読書の秋を。

プログラマーが行いたい体の凝り解消法

広島に住むフリーランスです。もうすぐ法人化します。

さて、体が丸まりがちなプログラマーのみなさん。 みなさんの中には、日々の首や肩の凝り仕事に集中しづらい・解消したいと思われている方もいらっしゃるんじゃないでしょうか。

体の凝りを解消するためにマッサージを受けにいく人も少なくないかなと思いますが、毎日マッサージしてもらうわけにはいきませんよね。

今回は私が知り合いの健康オタク経営者から教えてもらい、実践したらかなり楽になったと感じた『凝り解消法』をご紹介していきたいと思います。

行う時間は1回2〜3分で十分です。休憩ごとに行っていると凝りを感じづらいなと思うはずです。

ストレッチポールを使ったストレッチ

ストレッチポールは最近ジムでもよく見かけるものだと思います。

名前の通り、ストレッチのための道具ですが、この上に背中を乗せてコロコロすることで凝った箇所をほぐしてくれます。

よくわかんないのに、こんな高いの投資できないよ!という方にはこちらとかちょうど良いかも。

どちらも多く購入されていて高評価のレビューを受けている商品なのですが、中身や表面の素材感が違うようですので、そのあたりも考慮して買うのが良いんじゃないかと。

ストレッチ用ポールを徹底比較! - 効果・特徴・選び方 -

体の疲労を感じるときに休憩しながら実践すると、2〜3分後には体の凝りがかなりとれていると感じると思います。

筋膜リリース

こちらもまたおすすめです。筋膜リリース自体は少なくとも2006年にはあったワードのようですが、最近有名になったのはこの「ためしてガッテン」の放送ではないでしょうか。

matome.naver.jp

     

※期間指定でgoogle検索してみた結果 f:id:taiyop:20170912093532p:plain

こちらは「ためしてガッテン」のポーズをするだけなので、誰でも気軽に効果を検証できます。 個人的にはバレリーナとS字ポーズ(ジョジョ立ちっぽいやつ)がおすすめです。 首、肩の張りを伸ばしてるなーという実感がありました。

ちなみに、道具もあります。ストレッチポールとの違いは、意識しなくても筋膜リリースできるような構造になっているとか。

こちらは日本正規品もありますが、高いので私も買ったこちらの商品をご紹介しています。 ※こちらの並行輸入品を買う際は偽物を売る販売元もいるようなので、販売元の評価をしっかり見てから購入することをオススメします。m( )m

最後に

私はその他、ヨガもやりました。ヨガも体全身の血行を良くするのでよかったのですが、いかんせん 気軽にできるものでもない(やり方を覚えるのに回数をこなす必要がありそうだった)ので、今回は 含めておりません。

ただ、ヨガは集中力増加にも良いようなので、凝り解消だけの視点では語れないなぁと。

次は集中力アップのための活動をまとめた記事を書こうかなぁ・・・。