taiyopの雑多なブログ

普段学んだ事や取り組んだ趣味・嗜好をつらつらと書き綴っています。

深セン訪問記 〜ニコ技深セン観察会のここが面白かった編〜

f:id:taiyop:20161227135829j:plain

2016年10月20日から30日まで、Maker Faire Shenzhenやニコ技深セン観察会に参加して、中国の電脳都市『深セン』を視察してきました。今回はただ深センにいくのではなく、ニコ技深セン観察会で深センに行くことでここが面白かった、という視点で感想などのまとめを書こうと思います。

ちなみにニコ技深セン観察会とは、チームラボの高須さんが主催する有志の深セン視察ツアーでして、今回で第6回目になります。私も去年(2015年)の7月くらいには知っていたのですが、有給(今年の1月までサラリーマンでした)の都合や別の予定とかぶっていたりで参加できていなかったのですが、今回はMaker Faire Shenzhenと連日で開催されるということや、その他の日程調整もうまくいったので無事参加することができました。

※別途、深セン訪問前の事前情報まとめ記事も書いています。ご興味ある方はこちらをご覧ください。
中国の電脳都市 深セン 行く前に知っておくと助かる事前情報まとめ - taiyopの雑多なブログ  

参加者が濃い人ばかりで面白い

まず一番に書きたいのが、参加者が皆エネルギッシュで濃い方ばかりだったことです。濃いけれど、皆それぞれ多様な分野で働いていて、深センに来た目的も視点も異なるので誰と話しても同じ違う話があるということです。どれだけ多様かというとこちらにも参加者一覧および訪問記まとめがあるのですが、それ以外にも今回の集まりでお会いした方々も含めると

  • DMM.make AKIBAに入居されている皆さんご存知のハードウェアベンチャーCerevoのメンバー。マーケティング担当者
  • Googleで働く日本人女性Developer
  • Cookpad CTO で、今は一休の技術顧問
  • Rubyの女神の異名やギークイベントで登壇・司会を多数行うエンジニア女優
  • スタートアップ支援企業のMistletoe社、某室長
  • お茶、ワインに詳しい茶葉仕入れのプロフェッショナル
  • ペンギンロボットを開発した女子大生クリエイター
  • 視覚をアップデートする、光るメガネをつくるMaker Faire Tokyo/Shenzhenの出展者
  • 同じく、Maker Faire Tokyo/Shenzhenに出展されていた、デカ顔ワークショップのデイリーポータルZメンバー
  • 今回色々とお世話になった三年以上中国に住むエンジニア(深セン準備編で書いた華強北の要所マップ提供者)
  • 元競馬の騎手で今はスポーツジムの方
  • 東大で中国経済研究をしている方
  • JETROで働く、同じく中国経済研究をしている方
  • 業務通販でおなじみ、アスクルの方
  • FileMakerの開発および講師の方

など、まだまだたくさんいるのですが実に多様な方々とお会いすることができました。 当然、知らない分野の話題もあるのですが、会話に混ざるだけで色々と学べたので、中国(特に深セン)を知る上でこれほど良い場はなかなかないんじゃないかなという印象でした。皆さん色々な交通手段で中国の深センに来られているので、そういった情報も一気に得られました。

視察にいける会社が面白い

今回、私が訪問した企業は下記の7つです。

ちなみに、この訪問企業へのアポ取りや日程調整、移動手段も全て高須さんが準備してくれました。改めてありがとうございました。 f:id:taiyop:20161227171039j:plain

どれも面白かったのですが、個人的に一番面白かったのは日本人の藤岡社長が経営するJENESISでした。 f:id:taiyop:20161025171211j:plain

というのも、今回訪問した中で唯一の日本人が運営する企業であり、日本人が中国で取引を行う上で知っておきたいことが聞きやすかったからです。 例えば、

  • 「中国での最低賃金はいくらか」
  • 「賃金はどれくらいの勢いで上がっているか」
  • 「中国人の文化性とは」
  • 「雇う基準などはどうしているか」
  • 「どういう顧客が多いか」
  • 「どういった事に満足度を持ってもらえるか」

などの事を教えてもらったのですが、これは本来自分で試行錯誤や失敗をしながらでないと得られない知識で、意外な回答もあって非常に学びのあるお話でした。ご教授ありがとうございました。

具体的な回答は大事な企業情報の一つだと思うので文章には残しませんが、知りたい人はぜひ次回のニコ技深セン観察会に参加して質問してみてください(笑) https://www.facebook.com/groups/ntshenzhen/?fref=ts

f:id:taiyop:20161025172624j:plain ※ お話を聞いている時の様子。この後、工場見学もさせていただきました。

中国の電脳街『華強北』の巡り方がかわる

中国の深センといえば、世界一の電脳街と言われる華強北だと思います。深センに来る方ならば皆いくだろうと思いますが、華強北は、日本の秋葉原よりも圧倒的に広く、似たようなビルもたくさんあれば裏路地のような所もあるため、とても一人で効率良く巡る事はできません。そもそも、見つけられない所がたくさんあります。

f:id:taiyop:20161227204859j:plain

こんな感じのビルがたくさん立っています。

f:id:taiyop:20161227210206j:plain

ビルの中に入ってもこんな感じです。しかもビル同士が繋がっていたりや上りしかないエスカレーターもあったりで、先ほどいたお店に戻れない事もありました。一期一会という言葉がふさわしい場所です。

今回のニコ技深セン観察会では以前にも深センに来た事ある方や、深セン在住の方に華強北を案内してもらえました。事前情報まとめに詳細を書いていますが、華強北の要所をまとめた概略図を頂けたので非常にうまく回れた気がします。

最後に

わりとあっさりした記事になりましたが、参加して良かったと思います。ニコ技深セン観察会の特性として、予定が急遽変わるなどありますが、深センに初めて行くにはタイミングを合わせて予定を立てるのがと良いんじゃないかなと思いました。

その他、深センで出会ったガジェット群まとめの記事等も考えているのでまた気分が向けば書こうと思いますが、今回はニコ技術深セン観察会のまとめということでこれにて締めたいと思います。

ご購読ありがとうございました。

オマケ

f:id:taiyop:20161227212843j:plain深センで出会った過激な描写の本です。人が鉄骨にささる描写もありましたが、『ちょっと見せられないよ!』な感じだったので軽めな描写のイラストのページを選んでいます。(笑)