Freelance Life

フリーランス、プログラミング、ファブリケーション、電子回路、起業

ブログ運営のポイントをチートシート風にまとめてみた。

この記事は何か

今年からブログ運営を本格的に開始する事にしたので、これまでの知見やググって情報収集した知識を整理してみました。

主に自分用ですが、他の人にも役立つかなとおもいます。

記事数とPV数の比例度

記事の質にもよるので目安程度でしかないですが、それでも目安がある方が目標管理しやすいです。

PV数とアドセンス収益の関係

アドセンスだと1PVあたり0.5円くらいとかいう記事があった。

  • 56,000PV/月で諭吉5枚分くらい
  • 3,000PV/月で野口英世1枚くらい
  • 80,000PV/月で諭吉4枚くらい

1記事の文字数はどれくらいが良いか

1000字以上。2000 ~ 3000字以上がおすすめ。10,000字以上を目標にしているブログもある。

wordやgoogle docsでもチェックできるし、外部サイトでチェックするのも価値があり。

記事執筆を外注する場合はいくらか

crowdworksを見ると、0.4円~1.0円が多い。しかしこのあたりは記事の専門性による。1円でも募集の応募がなかったりもしている。

その他コツ(SEO対策など)

  • サイト内巡回する仕組みをつくる。(パンくずなど)

  • 被リンクを増やす

単純にドメインパワーを強めるためです。外部サイトから被リンクがもらえると良いです。

サイト内被リンクも重要です。結構手間だが、こまめに行うべし。

悪い被リンクはgoogleに削除依頼することも必要です。(search consoleから行えるみたいです)

Ahrefs - SEO Tools & Resources To Grow Your Search Traffic

ahrefsを使えば、被リンク調査などもできます。競合調査もできます。

記事のカテゴリ

  • 記事コンテンツはできるだけ似通ったカテゴリにする。

サイト内巡回する仕組みを作っても、記事を見たーユーザーが別記事を見てくれなければアクセスは対して伸びない。 サイトドメインごとに同じようなコンテンツカテゴリの記事のみにすることによって、1記事のアクセスが複数記事のアクセスに変わる。google さんの評価も変わる。

タイトルにこだわる

わかりやすいキーワードや人気のあるキーワードがあるので、それを見れば良い。人気度を表示してくれるqiitaやはてなブログなどを見れば、クリックしたくなるキーワードが見えてくる。

写真を入れる

写真がある方が記事が読みやすい。 ただし、最近はアフィリエイト業者も多くて、似た画像を入れる人が多いので敬遠されるリスクもありそう。 少なくとも自分は「あ、これはアフィ目的の誘導サイトだ」と思ったら信用度低いと判断してサイトを離れる。

写真はcanvasを使うのも良いと思う。   www.canva.com

目次を入れる

目次があるとないとでは、読み手への親切度が違います。目次をいれてあげるだけで、読み手が話についてこれずに離脱するリスクを減らせます。

分析・解析について

  • search consoleを入れる

search consoleはアクセス元のキーワード分析ができるので、キーワードごとのPV数と人気アクセスURL関係性など、細かい分析ができる。

analyticsは全体PVやデバイスやユーザー層の分析ができる。

  • ahrefsなどを使う   前述しましたが、被リンクや競合調査ツールです。

1記事の所要時間

1本の内訳は「ネタ出し30分・構成作成60分・執筆60分・本文調整30分・画像探し30分・最終調整30分」といった感じ。働いてたら8時間の時間捻出は割と難しいですよね

https://twitter.com/manabubannai/status/995860171199995906?ref_src=twsrc%5Etfw%7Ctwcamp%5Etweetembed%7Ctwterm%5E995860171199995906&ref_url=https%3A%2F%2Fmanablog.org%2Fblog-article-number%2F

ということなので、だいたい1記事4時間くらい。

どこのサーバーを使うかの候補

複数ブログを運営するなら、基本はwordpress利用で良いと思う。1つだけの個人ブログなら有料ブログサービスを利用が簡単。

ここでは、wordpressを運用する場合の話なので、wordpressを利用しない場合はskipしてよし。

  • DigitalOcean

安い。性能良い。(らしい)多少の技術力が必要。

  • AWS lightsail

スナップショットが取れるのが便利。多少の技術力が必要。

wordpressやdbのバージョンアップデートが簡単。

wordpressやdbのバージョンアップデートが簡単。

他にもあるが、とりあえずメジャーどころだけピックアップ。 ぶっちゃけ金額はどこも大差ないので、使いやすさとか安定性で選べば良い。自分もよく迷う。 見る箇所は【基本料金】【CPU性能】【メモリ容量】【転送量と料金の関係】【サーバースペックの切り替えやすさ】かな?

利用サーバーの引っ越し(移行)はAll-in-One WP Migrationとかそういうプラグインがあるので、なんとかなるので心配する必要なし。最新のおすすめツールは時代の変遷で変わるので都度ググるのがおすすめ。

最後に

この記事は自分用なので、あまり見やすさのための修正はしてないです。なので本職のブロガーからすればひどい作りに見えるでしょう。

でも要点は書いていると思うので、とりあえずここに書かれたことを参考にすればとっかかりは良いかなと思います。